CREATIVE FLOW_ER

Film Direction, Graphic, Editrial, Web, Logo, VI+CI, Space, Art Direction, Photo Direction, Event Direction

CREATIVE FLOW_ER__-1

【Background】
大企業の若手有志団体のプラットフォーム「One JAPAN」が提案する創造性向上プロジェクト。「創造性の民主化」を使命とするAIロボットが、マインドフルネス瞑想を通して、人間のクリエイティビティの向上を目指す。ビジュアルコンセプトとアートディレクションを担当した。

CREATIVE FLOW_ER__-2

【Concept】
AIロボットが誘導するマインドフルネス瞑想によって、被験者のマインドがクリエイティブパフォーマンスの高いFLOW状態になるとCREATIVE FLOW_ERが開花。また、感情のセグメントごとに花が色づくことにより、自分だけの「CREATIVE FLOW_ER」が咲く。
被験者は60もの感情をトラッキングできる脳波系を頭に付け、感情を誘導されることによって、だんだんと自分の感情をフロー状態にまで高めることが習慣づけられていく。そうして人々のクリエイティビティをあげることをミッションとした。
NHKを始めとした国内外の多数のメディアに取り上げられ、アジア最大級の規模を誇るIT技術とエレクトロニクスの国際展示会であるCEATEC JAPANや、AI EXPOなどに招待参加。

CREATIVE FLOW_ER__-3
CREATIVE FLOW_ER__-4

【Graphic】
ビジュアルは脳タイプごとに咲く花をモチーフに作成。花は6種類あり、それぞれ「オタク脳」「日本人的」「楽天的」「マイペース」「堅実」「サイコパス」などに分かれる。説明と解説のためのムービーも作成した。

CREATIVE FLOW_ER__-5
CREATIVE FLOW_ER__-6
CREATIVE FLOW_ER__-7
CREATIVE FLOW_ER__-8

Creative Director:Shun Matsuzaka
Creative Planner:Ryosuke Yoshitomi
Chief Product Manager:Yosuke Okawa
Art Director / Graphic Designer:Yu Miyazaki
Production Manager:Go Sakai
Photographer:Hirotsugu Hoshikawa
Film Director:Rau Riz
Client:One JAPAN
https://creative-flower.jp