Craft Curry Brothers

Concept, Graphic, Logo, VI+CI, Package, Art Direction

CCB__-9

【Background】
若き兄弟が立ち上げた食品会社ベンチャーFoodCornerのカレーブランド「Craft Curry」がリニューアルし、「Craft Curry Brothers」に。その際のロゴとパッケージデザインをMY HEADが担当した。
一般的なカレールーの主原料は実は小麦と油で、スパイスもほとんど入っていない。しかし「Craft Curry Brothers」は果物と野菜が生原料ベースで1/2以上。玉ねぎに至っては6時間、1/10になるまで炒められているという「レトルトカレー2.0」に挑戦するプロダクト。

CCB__-2
CCB__-3
CCB__-8

【Logo】
ロゴマークは、元々彼らが使っていた四角いドットでできたカレーモチーフのマークを踏襲しつつ整理し直したが、ロゴタイプは新しいネーミングになることもあり、ゼロベースから作ることにした。ファウンダーである兄弟と会ってみて感じたのは、「レトルトカレー界の風雲児」といった印象だった。そのため、なるべくエッジーな書体を選定することにした。

最終的にロゴタイプのベースに選んだフォントの名前は『Dystopian』(【形】 ディストピア[暗黒郷]の)。可読性と見た目のエッジーさのバランスもさることながら、一番このブランドに合うと思ったのはその特徴的な名前だった。
サピエンス全史的に言えば「小麦の家畜となってしまった現生人類の、ディストピア的な世界を打破するためのブランド」というイメージを暗に込めた。

CCB__-4_2

【Concept】
「レトルトカレー2.0」を目指すCRAFT CURRY BROTHERSは、 最高品質を提供するという高級感を持ちながらも、既存の常識に縛られないパンクスのような精神を持たなくてはならない。 そこで「LUXURY & PUNKS」というクリエイティブコンセプトを立ち上げた。この一見相反することを同時に実現するには、カラーリングが最も大事な要素だと考えた。そこで、プロダクトのユニークネスである「BROTHERS」にちなみ、兄弟を象徴するツートーンカラーをベースにし、ここでは「高級感」を象徴する「ゴールド」、「パンク感」を象徴するブラックの2色をベースカラーに置くことにした。

CCB__-5_2
CCB__-7_2

【Package】
上記のコンセプト・カラー・ロゴ・フォントを策定した時点でパッケージをデザインする駒は揃っていた。しかし、どういう方向にまとめてエッジーさを出していくかは一考の余地があった。そこで、いくつかの案を出し、クリエイティブチーム、ファウンダーを巻き込みながら方向性を決めていった。Dystopianを全面に出し、パンク要素を強める方向も最後まで議論に残ったが、最終的には、佇まいとしての落ち着きもある本案に決定した。

CCB__-10

Creative Director / Copywriter: Kei Sakakibara
Art Director / Graphic Designer: Yu Miyazaki
Production: Studies Inc.
Client: FoodCorner Inc.